ミニチュア ダックスフント,〜アイドル犬への道〜
■ あなたの愛犬を天才お利口犬に大変身させる方法

ミニチュアダックスフント 散歩

ミニチュアダックスフントにリードをつけるのも、散歩マナーのひとつです

ミニチュアダックスフントは活発で走るのが大好きな子ですから、散歩で公園などによったときは ついつい、ノーリードで遊ばせてあげたくなりますよね。
でも、他に人がいたり、道路が面している場でのミニチュアダックスフントをノーリードで遊ばせるのは、あまりオススメできません。


ミニチュアダックスフントも、本来は室内犬になりますので、リードをつけるのを嫌がる場合がありますが、首につけるのを嫌がっているのならば、胸元で固定するリードグッズがありますし、首元の違和感を気にしているようでしたら、普段からミニチュアダックスフントリードをつけるようにして、慣れさせてあげましょう(^^)
散歩時のリードの大切さを、分かりやすく書いているサイトがございますので、ここで紹介しますね♪
以下文から引用文になります。


他の利用者の事を考えて・・・・
私達はミニチュアダックスフントが好きでノーリードで思いっきり遊ばせてあげたい 気持ちもありますよね。でも、公園はドッグランではなく、公共の場です。 犬を好きな人がいれば、嫌う人もいます。まるで天敵かのようにリードをしていても思いっきり怖がられる事すらあります。犬が怖い人のほとんどは「犬を知らない」「噛まれた思い出がある」等の理由が多い事でしょう。ではどうしたら好きになってもらえるかな?考えてみればわかりますよね(^.^)飼い主もマナー良く、ミニチュアダックスフントもお行儀良く公園を利用する事で犬を嫌いな人達の「犬」に対しての見方をちょっと変えてもらえるかもしれません♪そのためにもノーリードはやめましょう。

リードは命綱
リードは単にミニチュアダックスフントを操るものではなく、命を守るものです。
道路への飛びだし・他の犬との事故・他の人へ対しての事故。リードをしていれば防げる事です。


引用元→http://www.dwl.cc/modules/xfsection/article.php?articleid=25


一つ気をつけたいのは、散歩コースにアスファルトがある場合、ミニチュアダックスフントが走ろうとしているところを、無理にリードで抑えるのはよしましょう。
日記で紹介した、実家のゴン太が、リードがついているにもかかわらず、無理に走ろうとしたせいで、アスファルトで肉球を傷つけてしまったようです(泣)。
ミニチュアダックスフントを散歩に連れて行く際、横に並んで歩くようにしつけもしておきましょう(^^)
て、えらそうに言っておきながら、我が家のミニチュアダックスフントは前々行っちゃうんですけどねorz


この記事へのコメント
おはようございます♪
ここに、コメントを書けるのを今発見しました!
ブログの書き込みでは、いつもアタフタしてしまいます^_^;
為になるお話ばかりで参考にさせていただいています♪躾けの事は特に☆

うちも以前は首輪じゃなくハーネスだったんですが壊れてしまい、今は首輪を使用中ですが
もしかしたら、それが不快なのかも?と
この記事を読ませていただいて感じました。
またハーネスに戻してみようと思います♪

人間とワンコとお互いが、気持ち良く共存できる
ような社会になるといいですよね(^^)

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。